都合の良い女になる前に!元彼の復縁本気度チェック法とは?

大好きだった彼と別れてから、毎日ハリの無い生活を続けていた矢先「もう一度やり直そう」という、元彼からの復縁要請があった場合、アナタ
はどうしますか?

 

復縁というとポジティブなイメージがありますが、男性の中には二股していた女性に振られ、淋しくなったから復縁したいなど、都合の良い女を求めて
の復縁願望の場合もあります。

 

そんな都合の良い女にならないために、彼の本心を見抜く方法をご紹介しますので、参考にして下さいね。

 

 

●都合の良い女になる前に!元彼の復縁本気度チェック法とは?

 

復縁したいと真剣に話し合おうとする態度がない

都合の良い女を捜しての復縁の場合「この子ならオレの事まだ好きだから、何でも言うこと聞きそう」というナメた考えがあるので、あの時のオレはそどうかしてた
、お前が好きだと復縁したいと言うだけで、別れた後のあなたの心の傷のケアなど考えず「過去の話はもういいよ、好きなんだからいいだろ」という
ような態度を取る男性なら、復縁はやめておきましょう。

 

本気で復縁したい男性は、本気で別れたことを悔い反省し、なぜ復縁したいのかを判ってもらおうと徹底的に名はし合おうとしますので、心が伝わって
こないなら、復縁しない方がマシです。

 

 

具体的な将来像を持っている

ただ自分が淋しいだけで復縁を望んでいる場合「ただ彼女がいなくて淋しいから」というぼんやりとした不安や、暇な時間を彼女で埋めたいという不純な動機
ばかりで、復縁した後の具体的な未来像が全くありません。

 

将来は結婚して家庭を築きたいなど、具体的な目標がある場合には、離れた時間があなたの良さを思い出させてくれたゆえの、復縁要請かもしれ
ませんので、彼の話をきちんと聞くことが大切です。

 

 

彼の欠点が改善されていた

めんどくさがりだった元彼が、メールの返信をマメに返してくれたり、前はあまり会う時間が無いからとデートもできなかったのに、自分と会う時間を
作ってくれるようになったなど、別れる時に言った不満が改善されていた場合には、過去の自分の過ちを反省し後悔している証ですので、復縁を考えても良い理由になります。

 

 

おわりに

裏に別の意図がある復縁要請には、どことなく軽いふわふわとした復縁の動機(淋しいから、お前の方が良かったなど)しかありませんが、別れた過去の原因
や過ちを修正している時点で、相手の本気度が見えてきます。

 

口先だけで何もしていない人と復縁しても、また後悔することになりますので、復縁には細心の注意を払いましょう。